―2012、ANA SFC(スーパーフライヤーズカード取得)、以後は陸マイラー。リンクフリーです。

ここではないどこかで -ANA SFCを懐に海外旅行-

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
カード付帯海外旅行保険 請求
ベトナムの首都ハノイで医者にかかり、海外旅行保険を使用したのでレポートします。

ハノイのインターナショナルSOSという病院で簡単な手術を受け、医療費を
クレジットカードで支払いました。

この病院は通常の海外旅行保険はキャッシュレス対応ですが、
クレジットカード付帯の海外旅行保険にはキャッシュレス非対応とのことでした。
この時点で保険が適応されておらず、かなりの額です。

今回、ANAスーパーフライヤ―ズカードに付帯する海外旅行保険を使用しました。
ANAスーパーフライヤ―ズカードANAワイドカードと同じ保険内容です。
(過去記事:カード付帯海外旅行保険)

ホテルに帰ってこのカードの海外旅行保険を担当している東京海上日動に電話をしました。
請求に必要なものは下記の4つです。
 ①保険金請求書
 ②それぞれのご請求に該当する旅行のパスポートコピー(日本出国後90日間が保険適応期間)
 ③治療費、医師の処方薬購入費、通院交通費それぞれの領収書
 ④診断書原本(治療費実費が10万円を超える場合のみ)
①の書類に診断書を書く欄があります。
①の請求書をPDFでメールしてもらい、後日、病院で診断書の欄を埋めてもらいました。

帰国後、パスポートの日本出国日と帰国日のページをコピーし、
 ①の請求書(タクシー代は領収書がないが、請求できるので交通費の欄に記入、④の診断書を含む)
 ②パスポートコピー
 ③医療費の領収書
を東京海上日動に郵送しました。





そしたら、1週間くらいで指定した口座に保険金が振り込まれていました。
保険がきかなかったらどうしようかと、不安でしたので早めに振り込まれて一安心でした。

最初から最後まで1人の担当者に担当してもらい、
帰国後に請求書を書く時には何度も電話しても丁寧に教えてもらえました。
今度、なにかの保険を新しく組む時には東京海上日動を真っ先に考えようかと思わされました。









人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:旅行用品・便利品 - ジャンル:旅行

| 海外旅行保険 | 23:06 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

そら

Author:そら
2012年にANAプラチナ達成。
SFC(ANAスーパーフライヤ―ズカード)
をもって旅行してきます。

旅行口コミサイト

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー

フォートラベル

ニャチャン 旅行

最新記事
リンク
カテゴリ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
1821位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
589位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ
ANAカード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

おススメゲームとか

おススメ

ライフマイル

おすすめ

最新トラックバック

最新コメント
全記事表示
検索フォーム

ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

i-mobile

RSSリンクの表示
タグクラウド


おススメ

LinkPlaza

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。